大学院受験の秘訣ブログ

中堅私立大学から一流国立大学院へも夢ではない

院試

 

院試でのTOEIC/TOEFLの重要性

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
TOEIC に参加中!
最近の院試では、英語の試験をTOEICまたはTOEFLのスコアの提出に代えるという傾向があるようです。

僕が東工大院を受験したとき(2005年4月入学)は、院試で英語の試験が課されましたが、現在では全ての専攻で英語の試験は廃止され、代わりにTOEICまたはTOEFLのスコアを提出することが求められます。

つまり、院試をクリアするために、TOEIC/TOEFL対策が重要になってきます。気をつけておきたいことを挙げればきりがありませんが、次の2点だけは、基本的なこととして肝に銘じておきたいところです。


・TOEIC/TOEFLはスコアを受け取るまでに数ヶ月かかります!
まず、気をつけなければいけないのは、TOEICテストは2〜3ヶ月1〜3ヶ月程度に1回(年間8回)しか開催されず、申し込みから結果の通知まで3〜4ヶ月2〜4ヶ月程度を要することです。願書の提出時にTOEICの成績証明書(スコア)のコピーの提出が求められますので、要注意です。
TOEFLの場合は、だいたい2週間に1回テストが実施されますし、申し込みも、ウェブによるLate registrationであれば前営業日まで受け付けていますが、試験を受けてからスコアが郵送されてくるまで約1ヶ月かかりますので、早めに受験しておくことをお勧めします。
東工大の場合(2010年度入試)、願書の提出時にTOEICの成績証明書(スコア)のコピーの提出が求められますので、要注意です。口述試験時または筆答試験時にはスコアの原本を持参して提示する必要があります。
※大学生協等で行われているTOEIC−IPテストのスコアは認められないケースもあるので気をつけてください。

・TOEIC/TOEFLのスコアはなかなか伸びません!
次に、気をつけなければいけないのは、TOEIC/TOEFLのスコアはなかなか伸びないことです。とにかく問題量が多いことから、攻略するために英語に慣れる必要があります。また、TOEIC/TOEFLの出題形式にも精通する必要があります。これらは、一夜漬けのような小手先の対策では歯が立ちません。できれば、少なくとも1年前から対策を始めておく必要があると思います。


まずは、それぞれの公式サイトを確認しておくことをお勧めします。

TOEIC公式ウェブサイト: http://www.toeic.or.jp/

TOEFL公式ウェブサイト: http://www.cieej.or.jp/toefl/


※KNさんから情報を頂きましたので、一部本文を訂正致しました。('09/12/16)
また、下記の情報を頂きましたので、引用させて頂きます。

加えて、最近ではTOEICの受験が大学でも必須(単位の認定などから)となっている場合もあり、専門科目との配点の関係から、受験時に邪魔にならない程度であれば、上記されているほど時間をかける必要もなくなってきているようです。

事実、今年度の大学院の説明会や現役の修士の方々のお話から600点前後で問題ないとのことです。もちろん得意不得意に差は出るとは思いますが、大学受験を経験している人であれば、3ヶ月程度の準備で2回も受ければ、あくまで私見ではありますが十分ではないかと思います。

同時に英語にかける時間を専門科目にまわしたほうがよいとの話もありました。





まだ、一度もTOEIC/TOEFLを受けたことが無い人は、まずは公式問題集で出題形式に慣れてみるところから始めてみると良いと思います。


TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC運営委員会
売り上げランキング: 133
おすすめ度の平均: 5.0
5 すごい、良い。
5 さすが公式
5 本番そのもの
5 自分の弱点と自分なりの
戦略を考える
5 今のTOEIC出題レベルに
近い
















他分野の専攻への受験は不利ですか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
僕は現在工学部なのですが、東京大学の大学院農学生命科学へ志望をしています。学部をこえた受験は調べたところ可能だと思うんですが、何か不利となるものはあるんでしょうか?


今日は、ある方から頂いた質問にお答えいたします。基本的にほとんどの大学院のほとんどの専攻で、学部を超えた受験(つまり専門外の分野からの受験)は可能となっています。(でも、必ずウェブサイトや募集要項などで確認してくださいね!!)

他分野からの受験だからといって、ペナルティを科されるということもありませんので、不利に扱われるということはまず無いと考えて良いと思います。


不利になると思われる2点について:

1.面接の時につっこまれる可能性がある。
どうして、学部は全く関係ないの? どうして、うちの専攻を志望したの?但し、しっかりと論理的にかつ熱意を持って答えられるのなら、逆に有利になると思います。

2.院試の専門科目で苦労する。
学部の時のカリキュラムにない科目が受験科目に含まれる場合には、完全に独学で受験対策勉強をすることになってしまいますので、その点では苦労すると思います。ただ、もし、その科目もしくは分野に詳しい教授が大学にいるのであれば、勉強を教えてもらいにいくと良いと思います。自分の専門分野に興味を持って勉強しようとしている学生がいれば、助けないわけがないですよね。

有利になると思われる1点について:

1.受験の際に口頭試問などと呼ばれる面接がある場合が多いのですが、そのときに試験官の教授にとっては、あなたの専門分野については素人になります。ですので、あなたの専門分野の話題に触れられたときには、あなたが話の主導権を握ることができるので、それをうまく利用すれば、効果的に自分をPRすることができます。ただし、相手は人間ですので、調子に乗ってベラベラと話してしまったり、わざと専門用語を並べ立てたりして上から目線で偉そうに話したりするのは、逆効果ですので気をつけて下さい。


このように不利な点と有利な点を整理して考えてみると、他分野の専攻への受験はそんなに不利でないことがわかります。

ひるまず、自信を持ってチャレンジしてください!!


大学院のすすめ―進学を希望する人のための研究生活マニュアル
大槻 義彦
東洋経済新報社
売り上げランキング: 78589

合格通知書

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
この連休中に家の中を掃除していたら、大学院の合格通知書が出てきました。もう5年も前になります。

しょーたろー合格通知書



それにしても、時間が過ぎるのは早いな〜。

また、その他にも受験票や手続き書類も一緒に出てきましたので、参考までにアップしておきます。(個人情報部分は画像処理しています。あしからず。)

まずは、「筆答試験対象者になりましたよ〜」という通知。学部の成績がめちゃくちゃ良いと口述試験対象者になり、筆答試験は免除になります。
(僕も、学部の成績は悪くはなかったのですが、筆答試験免除にはなりませんでした。)

しょーたろー筆答試験




確か同じタイミングで受験票も送られてきます。もしかしたら、多少前後していたかもしれません。が、5年も前の話で正確には覚えていません。すみません。
この頃は、髪が長かったなぁ…。(長髪とまではいきませんが。)

しょーたろー受験票




筆答試験をクリアすると、口頭試問を受けて下さいという通知が送られてきます。

しょーたろー口頭試問




そして、口頭試問を無事にクリアすると、
晴れて、合格通知と入学手続きに関する書類が送られてきます。

しょーたろー入学手続き1しょーたろー入学手続き2


入学手続きを全て終えると、入学許可書が送られてきます。確か、3月末か、4月に入ってからだったと思います。入学式の直前だったような…。(すみません、このへんも記憶が定かでありません…。ちゃんと記録をつけておくべきだった!)

しょーたろー入学許可書



院試は以上のような流れとなります。参考になれば幸いです。

もし、院試の流れについてもっと詳しく教えて欲しい事などがありましたら、コメント下さい。覚えている範囲でお答えしたいと思います。
(まずは、右サイドバーの「大学院受験の流れ」を一通り見てくださいね。そこに書いてあるかもしれません。)


理工系&バイオ系失敗しない大学院進学ガイド―偏差値にだまされない大学院選び
サイエンスコミュニケーション
日本評論社編集部
日本評論社
売り上げランキング: 34756







過去問が解けない(解決編)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
 前回の記事では、どうして過去問が解けるようにならないのか、その理由についてお話しました。 今日は、どうしたら過去問が解けるようになるか、その具体的な方法についてお話したいと思います。 (今日の記事はちょっと長いです)
続きを読む

過去問が解けない(理由編)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
 「過去問を見て愕然としました」
 「過去問を解いてみましたが1問も解けませんでした(泣)」
 「過去問を見て不安になりました」

 過去問についてこんなコメントやメールをよく頂きます。僕も院試対策を始めたとき、過去問を見て愕然としたのを覚えています。まったく解けないんですよ!!

 今日は、どうしたら過去問が解けるようになるのかをお話したいと思います。
続きを読む

(10)大学院入試(口述)を受験する

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

大学院受験の流れシリーズ 第10回 「大学院入試(口述試験/高等試問)を受験する」です。

大学院や専攻によっては、院試で口述試験または口頭試問を課すところがあります。ちなみに、口述試験というのは面接試験のことで。口頭試問は面接のことです。口述試験も口頭試問も基本的にほとんど同じものと考えても問題ありませんが、口述試験のほうが専門に関する基礎知識を問われる要素が大きいと考えてもらうと良いと思います。

東工大の場合では、一部の学部成績優秀者には、筆記試験を免除して口述試験のみ課します。ただ、この成績優秀者というのは、本当にずば抜けて成績が優秀という意味で、ほとんどの人は該当しないはずですので、最初から筆記試験(普通の院試)に臨むつもりでいた方がよいです。僕も学部の成績は良いほう(単位の85%くらいが優(A)評価でした)でしたので、ひそかに筆記免除になるかなと密かに期待していたのですが(笑)、対象者に該当しませんでした(残念)。全て優(A)評価にいくつかの良(B)評価があるくらい良くないと該当しないようです。もちろん出身の大学のレベルにもよるそうです(某教授談)。この某教授によれば、いわゆるFランク大の場合はオール優(A)評価でも選ばないと言っていました。

で、この口述試験でポイントになるのが、

  1. 論理的に話すことができるか?
  2. 専門に関する基礎知識はあるか?
  3. 人の話をしっかりと聞いて理解しているか?
  4. 院に進学する動機は何か?
  5. 熱意があるか?

の5点です。

特に、1と5を重視する傾向があるようです。もちろん、専攻や大学院によってちがってくると思いますが、この2点はどこでも重要視されるはずです。

まず、すべての理系専攻で求められるものが論理的思考能力です。これが無ければ、研究をすることができませんし、論文を書くこともできません。いや、書くことが出来ないと言うよりも、読んだ人が納得できる論文を書くことができないということです。そもそも、論文というのは、読む人を(論理的に)納得させなければ意味がないので、この能力が無いというのは研究者としてやっていくのが困難になってしまいます。

つぎに、学部で学ぶ専門知識というのは、たかがしれていますので、基本的に必要最低限の知識があるかどうかというところを見られます。それよりも、院に入ってから、一生懸命やっていく熱意があるのかどうかというところを、教授達は見極めたいと考えているようです。いくら知識や学力があっても、熱意が無ければ、入ってきてから使い物になりませんから。

このように上記5点について、もう一度自分自身はどうなのか見つめ直してみると良いと思います。これらについて良く備えができてるならば、面接で落とされるということはまず無いと考えて良いと思います。

関連記事:
院試に大学の成績は関係ありますか?
いつから院試対策を始めればよいか

院試に大学の成績は関係ありますか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 大学院を受験するに当たり、大学の成績が関係あるのかという質問を時々受けます。

 結論から言いますと、Yes and No. です。

 まずどうして「Yes」かと言うと、学部の成績が良いと、一部の大学院や専攻では筆記試験を免除するところがあるからです。東工大の大学院にも多くの専攻で筆記試験免除の制度があります。ただ、優・良・可・不の4段階で、90%以上が”優”、残りの10%位は”良”というくらい良くないとダメなようです。

 ですので、通常は筆記試験(と面接)を受けるわけですから、この場合は学部の成績は全く関係有りません。なのでこの場合は「No」というわけです。試験で大学院で研究を行える基礎的な学力と、論理的思考能力とやる気を証明できれば、学部時代の成績が悪くても全く関係有りません。

 学部の成績が悪かったとしても、急に大学院でやりたいことができたときには、心機一転、がんばって見ては如何でしょうか??

 ちなみに、僕の学部の成績は、優:78%、良:10%、可:10%、不:2%、といっ た具合でした。まあ、悪くは有りませんが、筆記は免除になりませんでした。
 蛇足ですが、高校(厳密に言うと高専)時代は、クラスで最下位でした。あの頃は何も考えずに遊びすぎました。反省…。

志望理由書の例文(しょーたろーの場合)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 先日の記事で、大学院入試の際に必要となることがある志望理由書の書き方について触れましたが、今日は僕が実際に院試の時に提出した志望理由書を多少手直しして例文を載せておきたいと思います。よかったら参考にしてください。
 

 ただし、最初に言っておきますが、あくまでも参考程度にして下さいね。くれぐれもそのままコピペして使うようなことはしないでくださいね(笑)!というのもの、その人の熱意や考え方が志望理由書には現れるので、自分で書いたものかそうじゃないかは簡単に見破られてしまいますし、面接のときに志望理由書の内容をもとに質問されることもありますので…。
 

 それでは、早速、例文です。 


 志望理由書例文(しょーたろーの場合):

 私が貴大学院貴専攻を志望した理由は、原子力という技術を今以上に発展させ、それによって世の中に貢献したいと強く感じているからです。 私が初めて原子力に興味を持ったのは、高校1年生の時でした。化学のレポートでナトリウムについて調べることになり、私は高速増殖炉「もんじゅ」でナトリウムが使われていることを知り、それについて調べてみようと思いました。その時は原子力について何も知らなかったのですが、調べていくうちに、どうやら原子が分裂して膨大なエネルギーが生じるのだということを知り、それに驚いたことを覚えています。その経験がきっかけとなり原子力に対して興味を抱くようになり、ついには原子力関連学科のある大学に進学することにしました。

 大学で原子力について学んでいくに従い、原子力の持つ無限の可能性に惹かれていきました。やがて、それは原子力という技術を更に研いていく必要があり、そうすれば、人々の生活を向上させるのに大きく貢献することができるのではないかという強い思いへと発展していきました。このように大学で学ぶうちに、国内外を問わず、企業や他大学での研究にも興味を持ち、ホームページ、書籍、雑誌などから、そして先生方にお話をお伺いし、情報を集めました。そして、その中でも特に目に止まったのが貴大学の貴専攻のホームページでした。早速、見学に伺ったのですが、その時、私は大きな衝撃を受けました。世界水準からみても最先端と思われる研究設備と研究の内容を見聞きし、また、貴専攻の学生や特に先生方の原子力に対する熱意を感じました。これらの理由から、人類と社会に役立つ原子力を研究していくためには貴専攻が絶好の場所である思い、貴専攻を志望させて頂きました。以上が貴専攻を志望させて頂くに至った経緯です。

 私自身、原子力がこれからも人類に大きな恩恵をもたらす、必要不可欠なものであると確信しています。そして、まだまだ多くの課題が残されているとも感じています。それらの課題の中でも特に、安全性(固有安全性)、核拡散抵抗性、長寿命炉心、小型化について研究を進めていく必要があると思っています。安全性と核拡散抵抗性を高める必要がある理由として、チェルノブイリやスリーマイル、そして特に日本においては原爆の影響からか、原子力に対する理解が社会から十分に得られていないことが挙げられます。これらを高めることによって、社会からの理解を得られれば、それは原子力の発展に大きな力を与えることができると思います。そして、それと同様に必要なのが炉心の長寿命化、小型化などの研究によって、環境への負荷を低減していくことだと思います。また、さらに広い分野で人類に恩恵をもたらすためにも、医療での利用や宇宙開発利用などを見据えた研究も必要だと思います。以上の理由から、これらの研究に携わりたいと思っています。

 まだ、研究したい分野が広く、具体的に絞れていない部分もありますが、それは私自身のこれからの課題でもあり、貴専攻にて私自身がどの分野で一番貢献できるのかを見極めて行きたいと思っています。もし貴専攻への入学が許可されましたら、原子力によって人々の生活がより豊かになるように、そのためにほんの僅かでも貢献できるように、熱心に研究に励みたいと思います。何卒よろしくお願い致します。



 いかがでしょうか?ちなみに、この文章は全部で1364文字です。今見直すとまだまだだなあと思うところがいっぱいありますが、まあこれで一応合格できたので多少参考にはなるかと思います。

 院試の願書の締め切りも近くなってきていますので、くれぐれも締め切りに間に合わないなんてことがなように、早めに書類をそろえて提出してくださいね!
 
 

志望理由書を書く前にこちらの記事も是非!:
志望理由書ってどうやって書くの?
研究計画書はどのようにして書けばいいか?
「志望理由書」と「志望理由がテーマの小論文」の違い
である調?ですます調?
小論文・志望理由書作成に必要な「論理的思考能力」の磨き方


参考までに紹介しておきますが、「一目でわかる志望理由書ハンドブック」は、例文が多く、説明も例文毎にされていてわかりやすいです。
 

過去問の傾向に沿った勉強法とは?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 ごろうまるさん、ご質問ありがとうございました。 今日は、ごろうまるさんのご質問にお答えしたいと思います。

 Q.「今、理工系大学院の数学の過去問題集などを使って勉強しているのですが、私が志望する専攻(物理電子システム創造)とはかなり傾向が違うみたいなんです。
 こういう場合は専攻の過去問を中心に勉強したほうが有効でしょうか?
といっても公開されているものが5年分くらいなので量的に結構不安になってしまいます。
 何かよい方法がありましたら教えてください。 」

 確かに、傾向が違う問題は、入試直前期にはあまり効果的でないかもしれません。かといって、過去問だけでは量的に不安ですね。

 ぼくも院試のときに同じ思いをしたのでよくわかります。で、いろいろ試行錯誤してみて良かったと思った方法を書きたいと思います。

 ぼくが実際にやってみたのは、まず、過去問から傾向を把握して、その次に大学の講義で使っている教科書や、図書館にある大学院入試の問題集や参考書を片っ端から眺めて、過去問と傾向の似た問題をいくつかリストアップして集めて独自の問題集を作りました。その後は、ひたすらそれを何度も繰り返し解きました。傾向に沿った問題で量的にも多くなったので、かなり実力と自身がつきました。

 ただ、問題を集めるのに時間がかかるので、もうひとつお勧め出来るのが他大学(志望していなくても)の同様の専攻の過去問を取り寄せてみてはどうでしょうか。もしかしたら、院試問題の傾向が似ているかもしれません。これならそんなにお金もかかりませんし、取り寄せてしまえば、図書館や本屋に行って探し回るという手間もありません。

 と、僕はこんな感じで過去問の傾向と量的な不安に対応しましたが、いかがでしょうか?いろいろ参考にして、自分自身で一番納得のいく方法でやってみると良いと思います。

 がんばってください!!


 ※ ブログ左のサイドバーに「しょーたろーのおすすめ」というところがありますが、そこにも使えそうな院試過去問集を紹介していますのでよければ参考にしてみてください。

関連記事:
【工学系】 大学院入試問題集 - 工学系
【化学系】 大学院入試対策参考書

研究室見学のときのポイントは?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 ユーイチさん質問ありがとうございました。

  「研究室の見学に行ったときに,研究室のどのようなところをポイントにして回っていましたか?」ということですが、きょうは研究室見学のポイントを挙げておきたいと思います。

 まず、僕の場合は、見学の前にどんな研究室や専攻があるのか全国の大学から探しました。ことのきは、主にネットで調べました。また、ネットで調べてもっと知りたいと思ったところには、メールでパンフレットを取り寄せました。

 そして、そこからいくつか絞って、最終的には3つの研究室に見学に行きました。

 見学する研究室を選らんだポイントは、

  1. 研究室の研究内容が自分の望んでいるものか?
  2. 指導教授はその分野である程度実績を持つ人か?
  3. 指導教授の出身の専門は何か?
  4. 大学院の立地条件
  5. COEの拠点かどうか?

 1.は言うまでも無いでしょう。
 2.は学部の時の指導教授や先輩などに聞いたり、もしくは学会誌などでもある程度知ることができると思います。これは、特に大規模な研究の場合、他の研究所や大学と共同で研究を行えるかどうかに左右してきます。
 3.は、自分が大学(院)の時は違う専門を学んだという教授もいらっしゃるので、気をつけた方が良いです。やはり、大学時代から一貫して学んできた教授のほうが、専門性が高いので、その点も考える必要があります。研究室のホームページなどに教授の学歴などが載っているので参考にしたら良いと思います。
 4.これは、やはり短くて2年、長くて5年通うわけですから、自宅から通学するのか、下宿するのかなども考える必要があります。
 5.文科省の21世紀COEプログラムというのがあるのですが、これは何かというと、全国の大学で世界に通用し得るレベルの専攻や研究所を選んで、そこに重点的に予算をあてるというプログラムです。このプログラムを持っている専攻ですと、とくに博士課程では、国際学会やシンポジウムに出席できる機会が多くなります。(ちなみに僕は東工大と東大で迷いましたが、最終的にはCOEプログラムを持っているという理由で東工大を選びました。)

 そして、見学したあとに、

 第一志望の研究室を決めるときのポイントは、

  1. 教授との相性
  2. 研究室(教授)の指導方針
  3. 研究室の雰囲気
  4. 先輩たちとの相性
  5. 研究室OBの進路(就職先)

 1.は言うまでもないですね。やはり教授との相性は重要です。僕は、それぞれの教授から指導してもらっている姿を想像して、違和感があるかないか考えました。
 2.も重要です。放任主義やみっちり指導主義などいろいろありますので、自分に合っているのは何かを考えたら良いと思います。教授に直接聞いてみても良いと思います。
 3.は、あまり考えないで直感です。自分自身がその研究室で研究している姿を容易に想像できるかできないかがポイントだと思います。
 4.も重要ですね。実際に見学に行ったときに先輩たちと会わせてくれると思うので少し話してみて、第一印象や人柄などを少し感じてみて考えると良いと思います。
 5.もとても重要です。特に修士修了後に就職を考えているなら、第一優先項目となるかもしれません。ホームページそ見たり、実際に先輩に聞いてみたりして情報を得ると良いと思います。

 だいたい、研究室を見学する際のポイントはこんな感じだと思います。あくまでも僕がポイントにしたものだけを挙げてみたので、他にもいろいろとあると思います。

スポンサードリンク



twitter
過去の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
QRコード(携帯サイト)
QRコード
記事検索


Profile
相互リンク
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、様々な視点から家庭教師のことを書いているホームページです。
大学・大学院・就活に関する情報をまとめます。就活にとって2chの生の声は欠かせません。
相互リンクをご希望の方はこちらまでご一報下さい。(高等教育・キャリアアップ等に関連するブログやサイトに限らせて頂きます。)


ジオターゲティング



訪問者数

    RSS