大学院受験の秘訣ブログ

中堅私立大学から一流国立大学院へも夢ではない

TOEIC/TOEFL

 

ネイチャーやサイエンスで語彙力を増強

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
 研究室やゼミによっては事実上の公用語が英語というケースもあります。ぼくの研究室も2〜3名くらいが留学生でしたので、ときには英語でコミュニケーションを図る必要がありました。

 最初は日常のコミュニケーションを図ろうとするだけでも一苦労なのですが、英語力を身につけるには絶好のチャンスでもあります。基本的に1000単語くらいの語彙力があれば、日常英会話のうち8割程度は理解できると言われていますので、大学受験をクリアしたレベルなら少し訓練すれば日常会話はできるくらいの語彙力は持っているはずです。
 
 ただ、研究室では日常会話だけ話せれば良いというわけではありませんので、その専門分野でのディスカッションができるくらいの語彙力は身につける必要があります。僕が学部生の時にやったのが、ネイチャーサイエンスなどの科学雑誌を活用して語彙力を増やすことです。

 一日に少なくとも一記事を読み、わからない単語や言い回しを辞書で調べて暗記するというのを二ヶ月も続ければ、効果が現れはじめます。 重要なのはとにかく毎日続けることです。
 
 ただ、TOEICはビジネス英会話が主ですので、この方法ではあまりスコアアップには貢献しません。TOEIC対策は別に並行して行う必要があります。 スマホならアプリも使えますので、とても便利です。

TOEIC対策ストラテジー

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
TOEIC に参加中!
再来週ですが、社内TOEICなるものがあります。いわゆるTOEICの団体受験です。最近は勉強する時間が全くとれず、スコアも全然伸びません。でも、そんなことを言っていては何も進まないので、忙しいなりに効率的に勉強を進めて行きたいと思います。

まず、TOEICで重要なのは、出題形式に慣れるというのと、時間配分をしっかりやることだと思います。Oxford University PressがTOEIC対策のテキストを公開していますので、今日はそこに書かれてあるTOEICの対策法を紹介したいと思います。(まとめの部分をそのまま引用します)

引用元: www.oupjapan.co.jp/teachers/media/tebiki_06jp_toeicguide.pdf



全体的なテスト戦略

  • 分からなくても空欄のままにしない- 推測で答える
正解が分からない場合は、まず間違っていると思うものを消去し、残りの選択肢の中から最もそれらしくみえるものを選びます。答えが間違っていても罰則はありませんし、推測で答えれば、少なくとも正解の確率は25〜33%になります。1つでも間違っている選択肢を消去できれば、正解の確率は50%に上がります!
  • テスト形式に慣れる
受験前に、試験当日に直面することになる問題タイプに確実に慣れておかなければいけません。
  • 問題の順序をガイドとして利用する
一般的な状況や主要テーマに関する問題以外では、各問いの答えはリーディングあるいはリスニングパッセージ内で設問と同じ順序で出てきます。すなわち、最初の設問の答えはパッセージの最初の部分に、次の設問の答えはその後にという順序で並んでいます。

リスニング戦略
  • 全ての答の選択肢が読み上げられるまで待たずに解答する
答えが分かっている場合は直ちに解答し、次の問題の答の選択肢に目を通しておきます。
  • プレビューと予測
この方法は、パート2以外の全てのリスニングパートに適用できます。各質問が放送される前に、答えの選択肢あるいは写真に目を通しておき、放送内容と聞き取るべき内容について予測しておきます。予測が適切であれば、それだけリスニングも楽になります。

リーディング戦略
  • 目の前に時計を置いておく
リーディングセクションでは時間管理が鍵となりますので、最後に時間切れにならないように各問題にどれくらいの時間をかけているかをモニターする必要があります。パート7の各問いは約60秒、パート5と6の各問
いは20〜30秒で解答することを目安にしてください。この目安に従うと、最後に見直す時間が残ります。
  • 先にパート7に取り組む!
テストの提示順序を守る必要はありません。パート5と6 の問題の多くは素早く効率的に解答できるものですが、パート7の問題は長いものが多いので、時間切れにならないようにパート7から始めます。
  • 先に設問、次にパッセージ
パート7では、まず設問を読み、何に答えなければならないかを特定します。
  • 簡単な問題から解答する
テスト用紙に記載されている順序で回答する必要はありませんので、まず簡単なものから解答し、難しい問題の解答(あるいは推測)は後に回します。

学習戦略

  • 語彙学習
成功するために必要な最も重要な要素のひとつです。語彙学習のキーポイント:語彙ノートを作成し全ての新しい単語とその語が含まれる文を記入しておく。読んで読んで、読みまくる!新聞記事、ビジネス記事、グレイディッド・リーダーなどは語彙を劇的に増やす効果的な資料です。
  • 教室外での自習
TOEICテストスコアを上げるためには、皆さんの英語能力を全体的に高める必要があります。ある程度の時間内でこれを実現するためには、授業だけでなく、自宅学習によって学習量を補わなければいけません。
  • 英語を活用する
TOEICは、毎日の仕事や日常生活で使われている英語の理解力を測定するテストです。皆さんが、自然な口語英語や文書による英語を気持ちよく使うことができるようになればなるほど、TOEICテストのスコアも上がり
ます。できるだけ英語を使ってコミュニケーションをとるように努力すれば、テスト項目・文法・語彙などの学習以外に何もしない場合よりも早くスコアを上げることができます。




どうでしょうか?実践したらすぐに効果が出そうですね。今度の社内TOEICで試してみたいと思います。


院試でのTOEIC/TOEFLの重要性

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
TOEIC に参加中!
最近の院試では、英語の試験をTOEICまたはTOEFLのスコアの提出に代えるという傾向があるようです。

僕が東工大院を受験したとき(2005年4月入学)は、院試で英語の試験が課されましたが、現在では全ての専攻で英語の試験は廃止され、代わりにTOEICまたはTOEFLのスコアを提出することが求められます。

つまり、院試をクリアするために、TOEIC/TOEFL対策が重要になってきます。気をつけておきたいことを挙げればきりがありませんが、次の2点だけは、基本的なこととして肝に銘じておきたいところです。


・TOEIC/TOEFLはスコアを受け取るまでに数ヶ月かかります!
まず、気をつけなければいけないのは、TOEICテストは2〜3ヶ月1〜3ヶ月程度に1回(年間8回)しか開催されず、申し込みから結果の通知まで3〜4ヶ月2〜4ヶ月程度を要することです。願書の提出時にTOEICの成績証明書(スコア)のコピーの提出が求められますので、要注意です。
TOEFLの場合は、だいたい2週間に1回テストが実施されますし、申し込みも、ウェブによるLate registrationであれば前営業日まで受け付けていますが、試験を受けてからスコアが郵送されてくるまで約1ヶ月かかりますので、早めに受験しておくことをお勧めします。
東工大の場合(2010年度入試)、願書の提出時にTOEICの成績証明書(スコア)のコピーの提出が求められますので、要注意です。口述試験時または筆答試験時にはスコアの原本を持参して提示する必要があります。
※大学生協等で行われているTOEIC−IPテストのスコアは認められないケースもあるので気をつけてください。

・TOEIC/TOEFLのスコアはなかなか伸びません!
次に、気をつけなければいけないのは、TOEIC/TOEFLのスコアはなかなか伸びないことです。とにかく問題量が多いことから、攻略するために英語に慣れる必要があります。また、TOEIC/TOEFLの出題形式にも精通する必要があります。これらは、一夜漬けのような小手先の対策では歯が立ちません。できれば、少なくとも1年前から対策を始めておく必要があると思います。


まずは、それぞれの公式サイトを確認しておくことをお勧めします。

TOEIC公式ウェブサイト: http://www.toeic.or.jp/

TOEFL公式ウェブサイト: http://www.cieej.or.jp/toefl/


※KNさんから情報を頂きましたので、一部本文を訂正致しました。('09/12/16)
また、下記の情報を頂きましたので、引用させて頂きます。

加えて、最近ではTOEICの受験が大学でも必須(単位の認定などから)となっている場合もあり、専門科目との配点の関係から、受験時に邪魔にならない程度であれば、上記されているほど時間をかける必要もなくなってきているようです。

事実、今年度の大学院の説明会や現役の修士の方々のお話から600点前後で問題ないとのことです。もちろん得意不得意に差は出るとは思いますが、大学受験を経験している人であれば、3ヶ月程度の準備で2回も受ければ、あくまで私見ではありますが十分ではないかと思います。

同時に英語にかける時間を専門科目にまわしたほうがよいとの話もありました。





まだ、一度もTOEIC/TOEFLを受けたことが無い人は、まずは公式問題集で出題形式に慣れてみるところから始めてみると良いと思います。


TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC運営委員会
売り上げランキング: 133
おすすめ度の平均: 5.0
5 すごい、良い。
5 さすが公式
5 本番そのもの
5 自分の弱点と自分なりの
戦略を考える
5 今のTOEIC出題レベルに
近い
















英語学習のススメ (英語を口に出す) - シャドーイング(その2)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
 今日は、前回の記事「英語学習のススメ (英語を口に出す) - シャドーイング(その1)」の続きです。
 
 前回の記事では、シャドーイングにどのような効果があるのかお話ししました。1)ヒアリングの集中力を高める、2)ヒアリングの能力を高める、3)英語がしゃべれるようになる、の3点です。
 
 今回は、実際にどのようにシャドーイングをしたらよいかお話ししたいと思います。続きを読む

英語学習のススメ (英語を口に出す) - シャドーイング(その1)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
 英語学習のススメ シリーズ、前回までの「英語を読む」「英語を聞く」「英語を書く」に引き続き、今日は「英語を口に出す」ことについて書いてみたいと思います。

 いくら英語を聞いても、聞き取れるようにならない〜!ぼくも学生時代は行き帰りの電車の中で英語のCDを聞くようにしていましたが、ぜんぜん聞き取りができるようになりませんでした。みなさんの中にも同じような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは…。
 
 今日はそんな方にとっては、ともて役に立つ記事だと思います。


続きを読む

英語学習のススメ (英語を書く) - ディクテーション

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 英語学習のススメ シリーズ、前回までの「英語を読む」「英語を聞く」に引き続き、今日は「英語を書く」ことについて書いてみたいと思います。

 先日、高校3年生のりんさんからコメントをいただきました。

 「私の英語力はゼロに近いほど悲惨です。あと2ヶ月でトップクラスに入るためにはどう勉強したらよいか教えてください。お願いします。」

 とのことでしたが、残念ながら英語の勉強法に近道というのはありません。日々の勉強(英語に触れること)の積み重ねで上達していきます。

 でも、効果的な勉強法で上達の速度をある程度速めることはできますので、今日ご紹介する方法も含めて、日々こつこつと勉強を頑張ってください。

 今日ご紹介する英語の効果的な勉強法(英語を書く)は…

 

続きを読む

英語学習のススメ (英語を聞く)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 英語学習のススメ シリーズ、前回の「英語を読む」に引き続き、今日は「英語を聞く」ことについて書いてみたいと思います。

 前回の「英語を読む」の時にも言ったのですが、とにかく英語になれるには、毎日英語に触れる機会を増やすことがポイントになります。

 英語を聞く機会というのは、日本で普通に生活しているとなかなかありません。ですので、意識的に聞く機会を増やすようにしないといけないですね。

 前回の記事では、日常的で良質な英語の記事を読めるサイトをいくつか紹介しましたが、今日は、良質な英語を聞けるサイトをご紹介しjます。

 僕もこれらのサイトでできるだけ毎日英語を聞くようにしています。

 まずは、アメリカのニュース会社CNNのサイトです。ここで、配信しているニュースを聞けば、英語を聞けるだけでなく、世界やアメリカのニュースを知ることができますので一石二鳥です。また、動画ニュースも配信しているので、英語を聞けるだけでなく、話している姿もみられるというのも良いです。

 CNN: http://edition.cnn.com/
 "WATCH VIDEO" のところに「WATCH」をクリックすると動画ニュースが再生されます。

 あと、もうひとつお勧めなのが、VOA VOICE OF AMERICA。こちらのサイトでは、やはり主にアメリカのニュースを英語で聞くことができます。ただ、こちらのサイトでは、読まれている原稿も掲載されているので、英文をたどりながら聞くことが出来ます。

 VOA NEWS: http://www.voanews.com/english/portal.cfm
 MORE STORIESに最新のニュースのリストがあります。スピーカーのマークをクリックすると英文が流れます。

 このように、ネットをうまく活用するとフリーで良質なヒアリングの訓練もできていしまいます。

 VOAはMP3で配信されているので、iPodとかMP3プレーヤーや携帯とかに入れて持ち歩けばいつでも聞くことができてGOODです。

 

Panasonic SDオーディオプレーヤー海外対応FMステレオチューナー&ボイスレコーダー搭載(ピンク) SV-SD370V-P
松下電器産業 (2006/04/28)
売り上げランキング: 1215
おすすめ度の平均: 4.0
4 満足しています。
英語学習のススメ (英語を読む)

英語学習のススメ (英語を読む)

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 英語学習のススメ シリーズ、今日は英語を読むことについて書いてみたいと思います。

 とにかく英語になれるには、毎日英語に触れる機会を増やすことがポイントになります。日常行っていることを可能な限り英語に置き換えると効果的だと思います。

 僕は、毎日ニュースを読むときは英語で読むようにしましたし、携帯電話の表示はバイリンガル機能で英語に切り替えました。他にもいつも単語帳を持ち歩いて、知らない単語を見たときは書き込んで後で意味を調べたりしました。

 具体的には、これらのサイトに毎日目を通しました。

 Scientific American や Nature は、英語の科学論文雑誌です。下の3つは英語のニュース(新聞社)サイトです。これらは、毎日更新されますので、沢山の英語に触れるにはもってこいのサイトです。もちろん全部無料で読めます。

  ただ、やはり、実際見てみるとわかるのですが、かなりの英語の量です。英語を読むことになれていない人にとっては、最初はちょっと大変かもしれません。そんな人には、以下のサイトをおすすめします。

 これは読売新聞のサイトですが、英文記事の日本語訳や解説なども一緒に載っているので、比較的読みやすいのではないかと思います。最初はこちらからチャレンジしてみると良いかもしれません。

  そして、もう一つおすすめしておきたいのが、英語の辞書サイトです。以前にも紹介したことがあるのですが、スペースアルクの「英辞郎 on the Web」です。ここなら、キーワードから熟語なども検索できるので、非常に便利です。

 このように、インターネットをうまく利用して、毎日英語に触れるように心がけました。まずは、英語に慣れるというステップを踏んでおくことが大切だと思います。

 

 最後に英語の記事を読むための参考書を紹介しておきます。これらの本はぼくも実際にお世話になりましたが、英文を読むコツをだいぶ掴むことができました。文法の解説ではなく、英語を読むコツを教えてくれる本です。

理工系のための英文記事の読み方
畠山 雄二
東京図書 (2003/12)
売り上げランキング: 215,504
↑主に理系の記事(科学論文など)を読むコツにつて書かれてあります。
 
 
英文記事を使った英語リーディングの技術
浜田 京三
ベレ出版 (2000/11)
売り上げランキング: 185,547
おすすめ度の平均: 5
5 リーディングのコツがつかめます。
5 速読

英語学習のススメ

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 最近の院試では、英語の試験が省略され、かわりにTOEICやTOEFLのスコアを提出させるという形式が増えてきています。

 だいたい600点以上は欲しいところですが、500点代の人が600点にのせるにはなかなか難しいというのも事実です。そこで、いくつか僕が実践してきた英語学習法をご紹介したいと思います。

 ぼくが実践してきた英語学習法のポイントとして、まず、絶対条件なのはお金がかからないこと(貧乏学生なもんで…)、そして、試験の点数を獲得することができる、そして、実践的な英語を身につけることができる。この3点です。

 なるべくネットを活用して、読む、聞く、書くことを訓練します。本当は話すというのも必要なのですが、これはどうしても、ネイティブスピーカーと実際に会話する必要があります。

 次回から、この3点を踏まえて、英語学習法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



twitter
過去の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
QRコード(携帯サイト)
QRコード
記事検索


Profile
相互リンク
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、様々な視点から家庭教師のことを書いているホームページです。
大学・大学院・就活に関する情報をまとめます。就活にとって2chの生の声は欠かせません。
相互リンクをご希望の方はこちらまでご一報下さい。(高等教育・キャリアアップ等に関連するブログやサイトに限らせて頂きます。)


ジオターゲティング



訪問者数

    RSS