大学院受験の秘訣ブログ

中堅私立大学から一流国立大学院へも夢ではない

院試FAQ

 

他分野の専攻への受験は不利ですか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
僕は現在工学部なのですが、東京大学の大学院農学生命科学へ志望をしています。学部をこえた受験は調べたところ可能だと思うんですが、何か不利となるものはあるんでしょうか?


今日は、ある方から頂いた質問にお答えいたします。基本的にほとんどの大学院のほとんどの専攻で、学部を超えた受験(つまり専門外の分野からの受験)は可能となっています。(でも、必ずウェブサイトや募集要項などで確認してくださいね!!)

他分野からの受験だからといって、ペナルティを科されるということもありませんので、不利に扱われるということはまず無いと考えて良いと思います。


不利になると思われる2点について:

1.面接の時につっこまれる可能性がある。
どうして、学部は全く関係ないの? どうして、うちの専攻を志望したの?但し、しっかりと論理的にかつ熱意を持って答えられるのなら、逆に有利になると思います。

2.院試の専門科目で苦労する。
学部の時のカリキュラムにない科目が受験科目に含まれる場合には、完全に独学で受験対策勉強をすることになってしまいますので、その点では苦労すると思います。ただ、もし、その科目もしくは分野に詳しい教授が大学にいるのであれば、勉強を教えてもらいにいくと良いと思います。自分の専門分野に興味を持って勉強しようとしている学生がいれば、助けないわけがないですよね。

有利になると思われる1点について:

1.受験の際に口頭試問などと呼ばれる面接がある場合が多いのですが、そのときに試験官の教授にとっては、あなたの専門分野については素人になります。ですので、あなたの専門分野の話題に触れられたときには、あなたが話の主導権を握ることができるので、それをうまく利用すれば、効果的に自分をPRすることができます。ただし、相手は人間ですので、調子に乗ってベラベラと話してしまったり、わざと専門用語を並べ立てたりして上から目線で偉そうに話したりするのは、逆効果ですので気をつけて下さい。


このように不利な点と有利な点を整理して考えてみると、他分野の専攻への受験はそんなに不利でないことがわかります。

ひるまず、自信を持ってチャレンジしてください!!


大学院のすすめ―進学を希望する人のための研究生活マニュアル
大槻 義彦
東洋経済新報社
売り上げランキング: 78589

Q.とにかく学歴を高めたいのですが…

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
はじめまして。
4月から大学1年生になったものです。
受験勉強も無事に乗り切ってなんとか志望校に合格したのですが、思ったよりも自分の大学の世間的評価が低くてがっかりしています。
僕は千葉大学の工学部なんですけど、大学院はしょーたろーさんのようにロンダを考えています。
正直、まだ自分が将来何を学びたいのか、何をしたいのかはわかっていませんが、とにかくもっと学歴を高めたいのです。

そこで質問なんですが、就職の際、企業は学歴として何を重視するのでしょうか。
たとえば同じ東工大院でも
学部からずっと東工大の人やしょーたろーさんのように他大学出身の人がいたとして、
どちらが有利とかあるんですかね?



ようへいさん、コメントありがとうございました。

まず、「企業は学歴として何を重視するのか?」というご質問に対してですが、これは一言では言えません。どうしてかというと、会社によっても違いますし、採用担当者によっても考え方は違うからです。
基本的に学歴を採用基準としている企業はほとんとありません。が、学歴も採用基準の参考の一つとして評価する企業は多数あります。(ほとんどがそうじゃないでしょうか)

ですので、「就職の際、企業は学歴として何を重視するのでしょうか。」 とのご質問に対しては、場合にもよりますがあまり重視していないと思います。たとえば、学部から東工大の場合と大学院から東工大の場合では、どちらが有利かというのは気になるところだと思いますが、あまり関係ないと思います。


ひとつ気になったのですが、下記のコメントです。
「正直、まだ自分が将来何を学びたいのか、何をしたいのかはわかっていませんが、とにかくもっと学歴を高めたいのです。」

自分が何を学び、何をしたいのかがハッキリしない段階では、僕個人的な考えでは学歴は何の役にも立たないと思います。学歴は高ければ高いに越したことはありませんが、学歴が高いからと言って、すばらしい世界がまっているというようなものでもないと思います。

今、自分がおかれている状況に甘んじることなく、ステップアップしようという姿勢は非常に素晴らしく大切なことだと思います。せっかくのステップアップの機会ですので、それを効果的なものとしていければというのが僕の考えです。

ようへいさんは、まだ大学1年生になったばかりとのことで、大学院受験までには3年弱ありますから、自分が将来何を学び、何をしたいのかを良く見つめていったらどうでしょうか。地方大学とはいえ、学んだり、研究したりする上では、千葉大学は十分良い大学だと思います。

自分が将来何を学び、何をしたいのかがしっかりと固まった時に、学歴を高める意味が出てくると思います。何を学び、何をしたいのかがしっかりと固まっていない段階で、ただ学歴を高めようとしても、運良く良い企業に就職できるかもしれませんが、それまでだと思います。(東大院卒、一流企業でずっと平社員で大した仕事もできない人もいますし、中堅私大卒で、実績を残し、出世していく人もいます。)

ステップアップする以上は、今の大学では、成績はTOPクラスはもちろんキープするくらいの意気込みが必要だと思います。(もしくは、特定の分野で高い評価を受けるとか)
とにかく、一度しかない大学生活をエンジョイしながら、一歩一歩確実にステップアップしていくことが大切だと思います。


こんな本もありますね。やはり就職担当者から見て、印象の良い大学とそうでない大学というのもあるみたいですね。

就職でトクする大学・損する大学ランキング 2010年版 (YELL books)
島野 清志
エール出版社
売り上げランキング: 392215

海外在住ですが、それでも研究室訪問はすべきでしょうか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
今日はSAKURAさんから頂いたご質問にお答えしたいと思います。

はじめまして。とてもわかりやすく有益な情報ありがとうございます。
研究室訪問に関して、質問です。

私が海外に住んでいまして、日本で大学院へいけない状況です。しかし、私の目指す分野の著名な先生がいらっしゃり、ぜひこの先生に指導を受けたいと思っています。この先生が日本にいらしても、その研究室へ行きたいと思うほど論文やご研究に関心があります。

少々マニアックな分野なので、周りに尋ねてもこの研究室以外、まず探すことは難しいとの意見で一致しています。

このような状況で、入試前に研究室に訪問することに緊張を覚えています。
(1)もし、先生との相性に不安を感じたら?
(2)私は専門外からの飛び込みですので、知識が足りないなどと判断されたら?

の二つです。
どうしてもその研究室へ行きたいので、行ってむしろマイナスの要因になったら...と思うと躊躇してしまいます。

こんな場合でも、やはり事前に研究室を訪問すべきでしょうか?

SAKURAさん、コメントありがとうございました。

SAKURAさんは海外在住とのことで、研究室を訪問するべきかどうか悩んでしまうところだと思います。特に、海外からわざわざ訪問して、先生との相性が悪かったり、訪問することがかえってマイナスになってしまったらと考えてしまうのは当然だと思います。(ぼくも同じ状況であれば、SAKURAさんと同様な悩みを持つと思います。)
参考になるかわかりませんが、僕の意見をお話ししたいとます。SAKURAさんは、「こんな場合でも、やはり事前に研究室を訪問すべきでしょうか?」とおっしゃっていますが、「こんな場合だからこそ研究室を訪問するべきたと思います。」と僕は考えます。

> (1)もし、先生との相性に不安を感じたら?
もし、研究室訪問をしないで合格したら、合格してから入学までに期間に、SAKURAさんのこの悩みは大きくなってしまうと思います。また、入学後に教授と相性が悪いことがわかってしまったら、大学院生活は悩みの尽きないものになってしまうと思います。であるのなら、早めに先生との相性が良いのか悪いのかをハッキリさせておけば、受験対策や、将来の研究生活のための準備に集中できると思います。
研究室を訪問して、教授との相性が悪いかもと感じても、もし本当にその分野の研究をしたいのなら、SAKURAさんの決意は揺るがないはずです。

> (2)私は専門外からの飛び込みですので、知識が足りないなどと判断されたら?
基本的な知識だけはしっかり持っておくという前提で、特に問題にならないと思います。大学院については、教授は熱意とやる気のある学生を求めています。学部で身につけられる程度の専門知識というのは、数十年も研究生活を送っている教授から見れば、たいしたことはありません。数ヶ月本気で取り組めば十分キャッチアップできてしまう程度のものです。ですので、教授は現時点での知識やスキルよりも、将来の可能性を重視します。つまり、基本的な事がしっかり身についていて、熱意とやる気(積極性)のある学生を求めています。ですので、これも熱意とやる気があれば、問題ないはずです。

ということで、もし、他の用事で日本に一時帰国でもする機会があるのでしたら、事前の研究室訪問をおすすめします。海外在住であるのにわざわざ訪問するということ自体がプラスの要因になると僕は思います。(それだけで本気なんだというのが伝わってきます)
もちろん、帰国するのも大変ですので、コメント欄でNEETNさんがおっしゃっているように、メールでのやりとりも有効だと思います。ただ、相性については、メールだけではどうしても判断がつかないときがありますが。(メールでこの人嫌な人だなと思っていたのに、会ってみたらすごくいい人ということが結構ありますので。もちろん、その逆も。)

参考になったかはちょっと不安ですが、少しでもお役に立てればと思います。がんばってください。応援しています!

院試に必要な科目が大学の授業にない場合、独学しかないでしょうか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
今日はS.Sさんから頂いた質問についてお話ししたいと思います。

「質問なんですが、院試に必要な科目が大学の授業にない場合、独学でいくしか方法はないですか?」

S.Sさんは、学部の時とは違う分野の大学院に進学するんだと思いますが、確かにこのような場合は非常に困ってしまいますよね。

  結論から言うと独学しかないと思います。でもだからと言ってがっかりしないでくださいね。 ここでよ〜く考えてもらいたいのですが、大学の講義の内容ってそんなに充実していますか?だいたいは難しくて分厚い教科書を読んで、例題を解く。時々、面白い昔話をしてくれる。という感じではないでしょうか?例題を解くときも予備校の講義のように目から鱗ということはそんなにないと思います。

結局、講義の後で図書館に行って勉強することになっていると思います。そうであれば、大学の講義があってもなくても、あまり変わらないと思います。大学での勉強というのは、講義があるにしても無いにしても、ある意味独学なんだと思います。

もし自習していてわからない事が出てきたら、講義がなくてもその分野に詳しい教授が大学に一人はいると思いますので、研究者データベースで調べて訪ねて行けばいいと思います。

また、インターネットのQ&Aサイト(OKWaveヤフー知恵袋教えて!goo など)で聞いてもよいと思います。


学術的な質問に対してもまともな回答がついているようです。
ただ、教授に聞くのも、Q&Aサイトで質問するのにも共通して言えることですが、何でもかんでも、「この問題がわからないから解き方教えてください」というようでは、全く自分のためにならないと思います。

「この問題をこのように解いてみたのですが、行き詰まってしまいました。この先はどのようにしたら解けるのでしょうか?」

とか

「この条件の時はこのようにして解けるのですが、条件がこうなると解けません。どのように考えたらよいのですか?」

というように質問をするようにしたら、的を得た回答をもらえやすくなりますし、何より自分のためになると思います。

大学院入試と就職活動は同時にできるのですか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
大学2年とか3年くらいになると、卒業後は、大学院進学か就職か、もしくはビッグドリームを追うのか(どんなドリームか!?って突っ込みを入れたくなりますが…)、といろいろ考え始めますよね。
ぼくの場合は、1年のときから院進学を考えていたので、迷うということはとくにありませんでした。ただ、ほんのちょっとだけ就職活動を経験しておけばよかったなぁと思うことはありますが。(この理由については、いずれお話したいと思います。)

今日は、大学院進学か就職か迷っている方に向けてお話したいと思います。

私は大学院進学の理由がまだまだ漠然としていて、
手に職をつけるために学びたい程度なので、
今専門で学んでいる学問以外も視野に入れたりもしております。
そのため、これから本当に大学院に行くべきかなどを考えています。

「大学院入試と就職活動は同時にできるのですか?」
大学院入試に不合格だった場合の就職などが不安なので質問させていただきました。

最近、ある方から、このような質問を頂きました。

確かに、大学院進学の理由がしっかりしていなければ、進学か就職か(そしてドリームを追う!失礼。)迷うところだと思います。

まず、「大学院入試と就職活動は同時にできるのですか?」という質問に対してですが、この答えはYESです。ただ、できることはできるが、進学か就職のどちらに転んだとしても必ず後悔すると思います。「二頭追うものは一頭を得ず」という諺がありますが、この場合もそのとおりになると思います。

入試対策をしているときには、就職活動のことが気になり、就職活動をしているときは入試対策が気になる。こんなような状態であっというまに1年もしくは2年は過ぎていってしまいます。こんな状態で取り組んだとしても、良い成果が得られるとは思えません。

そこで、ひとつお勧めしたいことがあります。就職か進学かどちらかに決めてみたらいかがでしょうか。よ〜く考えて決めて下さい。よ〜く考えてもどうしても決まらない場合は、さいころ振ってでも、あみだくじでも、くじ引きでもいいので決めてください。そして、就職に決めたのであれば、就職活動に専念してください。また、進学に決めたのであれば、大学院入試対策に専念してください。

ひとつのことに専念すると、いろいろなことが見えてきます。もしかしたら、やっぱり進学にすべきだ、いや就職だ!というように、専念することによって本当に自分がやりたいことが見えてくるはずです。

また、もし、見えないまま就職か進学に決まってしまったとしても、一生懸命どちらかに専念したのであれば、それだけ価値のある結果を得ているはずです。どんなことでも、一生懸命取り組んで得た成果というのには意味があり、そしてそれを得る過程で実力と自信が備わります。そうすれば、次のステップを踏み出すこともできるわけです。

そのまま就職してしまっても、社会人大学院に行ったり、3年くらい働いて貯金して大学院に行くという選択肢も出てきます。また、そのまま進学してしまっても、2年間修士課程で一生懸命努力して、就職活動に臨むこともできます。

つまり、何を言いたいのかというと、自分で決めて、決めたことに責任を持ってすばらしい成果があがるまで、最後まで精一杯努力することが大切ということです。もし、今取り組んでいることに対して、「何か違うなぁ」と思ったら、今取り組んでいることを区切りのつくところまで最後までやりきって、それから次のことに取り組めばよいということです。途中で投げ出して他のことに取り組んでも中途半端な結果しかえられないことが多いのではないのでしょうか?

今日お話したことは、あくまでもひとつの考え方です。他にもいろいろな考え方があるので、いろいろな人に聞いて考えたうえで、最後は自分で決めてくださいね!


※「大学院入試に不合格だった場合の就職などが不安なので質問させていただきました。」についての答えになっていなかったですね。ごめんなさい。これについては、今日は長くなってしまったので、今度お話したいと思います。


研究室訪問するときの服装はスーツが良いのでしょうか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
以前、口述試験の際にはスーツで行くようにお勧めしたことがありました(「研究室の見学を申し込むためには?」のコメント欄参照)が、研究室訪問の時の服装については触れたことがありませんでしたので、今日は研究室訪問の時の服装についてお話したいと思います。
 
 結論から言うと…続きを読む

教授の業績や人脈を調べるにはどうしたらよいですか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
 ある方から、こんな質問を頂きました。

大学院では教授の業績や人脈が大事だとよく聞きますがどうやって調べればよいのでしょう か?

 自分の大学の教授の業績や人脈でしたら身近な人に聞けばわかりそ うですが、他大学の教授については、そう簡単にはいきそうもないですよね。
 
 ぼくの場合は、学部の時の指導教 授が、ぼくが志望していた大学院の卒業生でしたので、いろいろ情報を教えてくれました。ただ、このようなケースはまれで、通常の場合は情報不足で苦労する はずです。

 そこで、今日は、大学院の教授の業績や人脈を調べるのに役立つサイトをご紹介したいと思います。 続きを読む

院試に大学の成績は関係ありますか?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 大学院を受験するに当たり、大学の成績が関係あるのかという質問を時々受けます。

 結論から言いますと、Yes and No. です。

 まずどうして「Yes」かと言うと、学部の成績が良いと、一部の大学院や専攻では筆記試験を免除するところがあるからです。東工大の大学院にも多くの専攻で筆記試験免除の制度があります。ただ、優・良・可・不の4段階で、90%以上が”優”、残りの10%位は”良”というくらい良くないとダメなようです。

 ですので、通常は筆記試験(と面接)を受けるわけですから、この場合は学部の成績は全く関係有りません。なのでこの場合は「No」というわけです。試験で大学院で研究を行える基礎的な学力と、論理的思考能力とやる気を証明できれば、学部時代の成績が悪くても全く関係有りません。

 学部の成績が悪かったとしても、急に大学院でやりたいことができたときには、心機一転、がんばって見ては如何でしょうか??

 ちなみに、僕の学部の成績は、優:78%、良:10%、可:10%、不:2%、といっ た具合でした。まあ、悪くは有りませんが、筆記は免除になりませんでした。
 蛇足ですが、高校(厳密に言うと高専)時代は、クラスで最下位でした。あの頃は何も考えずに遊びすぎました。反省…。

東工大原子核工学専攻の数学対策

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

 powerd by honda さん コメントありがとうございました。そしてお待たせしてしまいましてすみませんでした。

 東工大の原子核工学専攻を受験されるとのことで、とても嬉しく思います。ぼくは今年度で卒業してしまうので、来年お会いできないのが残念ですが、ぜひがんばって下さいね。

 東工大の原子核工学専攻の数学対策について、ほかにもいくつか質問を受けていますので、今日は、東工大原子核工学専攻の数学対策について書きたいと思います。

 過去数年間の過去問を一通りあさってみたところ、やはり微分積分の分野からの出題が多いようですね。原子核工学では、微分積分、特に微分方程式の知識が必須になるので、それが現れているのだと思います。

 ちなみに、原子核工学(特に原子炉理論の分野)では拡散方程式や輸送方程式というものをよく使います。ですので、これを聞いてわかる人はこの辺の分野を勉強しておくと良いと思います。

 ただ、ほかの分野からの出題もありますので、微積分以外のところもさらっと勉強しておくことをおすすめします。

 一応、東大や東北大、名大、北大、阪大、九大などの原子力系専攻の入試問題も取り寄せてみてそれを参考にしてみるのもいいと思います。また、以前にこのブログで紹介した

で、苦手な分野を固めて、

で、東工大の数学と似た傾向の他の大学院の入試問題をいくつか解くというのが良いと思います。

 こんな感じで対策を立てれば、比較的短期間に効果的な対策が立てられるのではないかと思います。

 最後に一つ言っておきたいことがあるんですが、東工大の原子核工学専攻の数学は、物理、化学、数学のうちから2科目選択するという形になっています。多分、ほとんどの人は「数学と物理」とか「数学と化学」という組み合わせをすると思います。ですが、物理や化学は数学に比べて難易度が低めですので、一応、全ての教科を勉強しておくと良いと思います。そうしておけば、数学が全くわからない(対策を立てていない分野から出題)という最悪な事態となったとしてもカバーできますから。実際、僕は数学が全くわからなかったので、物理と化学で受験しました。3科目とも一応勉強しておいて正解でした。

関連記事:
高校の復習用参考書

志望理由書ってどうやって書くの?

     
  •   このエントリーをはてなブックマークに追加        
ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!

院試のときに志望理由書の提出を求める大学院があります。僕の所属している東工大もそうです。今日は、志望理由書の書き方についてお話したいと思います。

まず、どうして志望理由書を提出するように求められるのか考えてみたいと思います。

  1. 入学後にちゃんと勉強&研究するかどうかを見極める
  2. 第一志望かどうか、つまり合格させても辞退されたりしないか?
  3. その人の性格や人格を見極める
  4. 論理的思考能力(研究に必要)があるかどうか?
  5. 文章作成能力(論文執筆に必要)があるかどうか?

と、だいたいこんな感じだと思います。志望理由書はそんなに合否に大きく左右するものではないと思いますが、あまりにもひどい志望理由書を書いて提出した場合は門前払いされる可能性もありますし、ボーダーぎりぎりの得点のときは、志望理由書の内容によって合否が決まる場合もあります。ですので、手を抜かずにしっかり書いておくほうが良いですね。

上で挙げた項目を基に、志望理由書を書く時のポイントを考えてみると、

  1. 丁寧(誤字脱字に気をつける)にそして熱意の伝わる文章を心がける
  2. 考えている事柄をあらかじめ書き出して整理する
  3. 論理的に書く

重要なポイントは以上の3点くらいに絞れるでしょうか。これら3点に気をつければ良い志望理由書が書けるはずです。

次に、志望理由書を書く時にどのような流れ、つまりあらすじにすればよいのかを整理してみたいと思います。

志望理由書の一般的な流れ

簡単な自己紹介(今までの経歴など)

 どんなことをしたいか、何になりたいか(将来の夢)

以上を踏まえて、どうして志望したか、その理由。

合格後の志(どんな研究がしたいか、どんな研究生活を送りたいか)
※もし、博士課程に進みたいと考えているのでしたら、そのことも書いておいたほうが良いです。

熱意を伝えるPR

こんな感じで書けば良いと思います。

ひとつ書き忘れましたが、他大の大学院を受験する場合には、どうして自分の大学の大学院に行かずに他大の大学院を受験するのかが重要になります。 この理由も自分なりに整理しておいて書いておいたほうが良いですね。もちろん面接の時にも聞かれると思います。

今日も結構長くなってしまいましたが、これらの点に気をつけて書けば、少なくとも平均点以上の志望理由書が書けるはずです。とにかく熱意を込めて論理的な文章を書ければOKでしょう。

参考になるかわかりませんが、僕が院試のときに提出した志望理由書を今度の記事に載せたいと思いますね。



関連記事:
志望理由書の例文(しょーたろーの場合)
研究計画書はどのようにして書けばいいか?
「志望理由書」と「志望理由がテーマの小論文」の違い
小論文・志望理由書作成に必要な「論理的思考能力」の磨き方
(7)願書と必要な書類を揃える

   
時間のある人は、このような本も読んでおくとなおGoodでしょう。

スポンサードリンク



twitter
過去の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
QRコード(携帯サイト)
QRコード
記事検索


Profile

しょーたろー

 東京工業大学の大学院生でした(H19年3月に修士課程修了)。専攻は原子核工学。3.11の前後では全く様相が変わり、自分が学んで来たことについて色々と考えることが多いです。
 独自に編み出した勉強法などが世の中の大学生や大学院受験生のためになればと思い、ブログを始めてみました。宜しくお願いします。
 ご質問などありましたら、コメント、メール、メッセージ、twitterなどで受け付けています。お気軽にご連絡ください!

相互リンク
家庭教師の必要性や、塾などとの比較など、様々な視点から家庭教師のことを書いているホームページです。
大学・大学院・就活に関する情報をまとめます。就活にとって2chの生の声は欠かせません。
相互リンクをご希望の方はこちらまでご一報下さい。(高等教育・キャリアアップ等に関連するブログやサイトに限らせて頂きます。)


ジオターゲティング



訪問者数

    RSS