ブログネタ
大学院受験の秘訣 に参加中!
 英語学習のススメ シリーズ、前回までの「英語を読む」「英語を聞く」「英語を書く」に引き続き、今日は「英語を口に出す」ことについて書いてみたいと思います。

 いくら英語を聞いても、聞き取れるようにならない〜!ぼくも学生時代は行き帰りの電車の中で英語のCDを聞くようにしていましたが、ぜんぜん聞き取りができるようになりませんでした。みなさんの中にも同じような悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは…。
 
 今日はそんな方にとっては、ともて役に立つ記事だと思います。


 実は、ただ英語を聞き流しているだけでも、ある程度の効果はあるようです。ただ、「1000時間ヒアリングマラソン」とかいうのもあるくらいですから、相当な 時間聞いていないと効果がないんです。ちなみに1000時間というと、一日1時間聞いたとしても、約3年弱です。気が遠くなりますね…。
 
 では、「何とかして短期間で、ヒアリング力を身につける効果的な方法はないのでしょか?」ということになりますが、実は、それがあるんです!!

 その方法が、「シャドーイング」です。

 日本語にすると「影る」でしょうか?(笑) いえいえ、シャドーとは、尾行するという意味もありますので、「後をついて行くこと」と訳せば良いでしょうか。

 その意味からも予想がつくとおり、内容はいたって簡単です。「英語を聞いて、それをマネして口に出す」 ただ、それだけです。


この「シャドーイング」には、少なくとも以下の3つの効果があります。

1.ヒアリングの集中力を高める
ただ聞いているだけだと、ついつい聞き流してしまいます。でも、自分でそれをしゃべる必要があれば、集中して聞きますよね。シャドーイングには「ヒアリングの集中力を高める」効果があります。

2.ヒアリングの能力を高める
自分でしゃべれない事が聞こえても、それを聞き取るのって難しいんです。知らない単語を聞いてもわかるはずがないのと似ています。自分でしゃべれないことを聞いても、聞き取るのはなかなか難しいものです。シャドーイングをすれば、聞くだけでなく、自分でも口に出すので、この問題が解決して、ヒアリングの能力を高めることができます。

3.英語がしゃべれるようになる!
 なんと言っても、この訓練法の魅力は、英語をしゃべれるようになることです。ヒアリングを何百時、何千時間しても、聞き取れるようになっても、絶対にしゃべれるようにはなりません。

 このシャドーイング、ぼくも社会人になってから、毎日するようにしています。MP3プレーヤーに英語のCDを録音して、通勤の電車内、駅から家・会社まで歩いているときにやっています。さすがに電車内でブツブツ言うのは変な人と白い目で見られますので(笑)、歩いている時にブツブツやっています。
 もちろん、変な人と思われてでも早く英語を上達させたいときには、電車内でもどんどんブツブツやりましょう!

 それでは、次回は、具体的にどのように「シャドーイング」をすれば良いのか、どんな教材を使えば良いのかをご紹介したいと思います。
 
【英語】 理工系のための英文記事の読み方